Discord In My Life (仮)

the Black Roses / Cadenza RyOのブログです。更新不定期。

「black forest」Liner Notes

元号「令和」が始まりましたね。個人的には語感がヴィジュアル系っぽくて悪くないと思います。

もう既にブームは去った感がありますが

 

そんな「令和」初日の5/1に個人での新作を出しました。「black forest」という作品です。

いつも通りWebsite内でストリーミング再生、無料ダウンロード(PC版サイトのみ)できます。

f:id:ryo0825:20190512002940p:plain

今回もこれに関する事をだらだらと書いていく感じになります。

 

前作「frozen tears」と同じくアンビエント・BGM的な作りを意識したものの、逆にイメージカラーは黒、ダークで重めな感じに統一しました。

今回は曲単位ではわかりやすい題材がありますが、全曲に内包するとテーマして「迷い」があり、

暗い森の中を彷徨っているイメージで全曲の流れを組み立てています。

 

 Cadenzaの「Imitation Love」を作る際に使ったり買ったりしたシンセ音源

「SynthMaster」「Massive」辺りをメインに、使い方の勉強や音色探しも兼ねて、エレクトロニカ要素を取り入れた曲を作ってみました。

※「Imitation Love」

普段はバンドものやクラシック、アコースティック系がメインなので、こういう音づかいの曲を作ることもほとんどなく

そういう意味での「迷い」という意味も。最近バンドの方では結構取り入れているけれど。

 

各曲に関して…

M-1「black forest」コンセプトはそのまま森

ピアノを軸にしているので元々の音楽性に近く、逆にピアノ以外はほぼ全てシンセです

ループしているようで微妙に変化しているコード進行で迷っている感じを

 

M-2「mist」コンセプトは濃霧

1曲を通して[dim7]と[m7-5]のコードのみで構成して不安や緊迫感を

シンセドラムのサウンドで結構インダストリアル感も出ました

メロディの無い曲作るのは簡単だけど、どうしてもこれでいいのかって感じはします

 

M-3「ruined shrine」コンセプトは廃墟、廃神社

和の雰囲気を取り入れた曲。迷った末に辿り着いたのは既に廃れた神の社(意味深

自分の中の「神聖なもの」の象徴の一つに「クラシック音楽」があげられるので

曲の後半にはヨハン・パッヘルベルのカノンを引用しています。

 

何となく最後まで暗いまま終わらせたかったけど、あえて明るく終わらせることで解釈を広げたかったのです 

 

相変わらずまとまらない文章で

日頃いかに話したり書いたりしていないかが露呈します。

 

ちなみに今回もCadenzaの「Missing You」と同時進行で作っていました。

こんな作品眠くなるわ、という人は、こちらのyuraki君の溢れる君への想いを聴いてください。

 

それでは。

「frozen tears」Liner Notes

こんばんは。

作品を作った時に書かれるブログ、みたいな感じになっていましたが

昨年夏に出していた(「2017[+1]summer」)にも関わらず、結局1年近くも放置していました。

 

とはいえこの1年、Cadenzaの方では現時点で6曲出していたり、

他にもサポートのレコーディング参加や、yuraki君とhideやRaphaelのカヴァーをしたりと

細々と制作・創作は行なっていました。

 

久々に作った個人での作品が今回の「frozen tears」です。

Website内でストリーミング再生、無料ダウンロード(PC版サイトのみ)できます。

f:id:ryo0825:20190225192147j:plain

 

冬を題材にしたアンビエント風のインスト楽曲を作りました。制作期間は2月入ってから2週間くらい。

Spitfile Audioの「LABS」という音源の音色、なかでも「Frozen Strings」という音源からイマジネーションを受けて、

冬を題材にしたアンビエント風のインスト楽曲を作りました。

www.spitfireaudio.com

大半の音色はこのLABSから、あとは使い慣れたKontaktやHalionなどから使っています。

 

各楽曲のイメージは以下。

全曲に共通して「Frozen Strings」やシンセパッドの音色、風のSEを用いて「冷気」「寒気」を表現しています。

 

M-1「wintry clearly」コンセプトは「透明感」「光」

雪景色が朝日の光で輝いている、漠然とそういった風景のイメージ。

M-2「frozen tears」と対比させ、細かいパッセージは少なめに、スケール感を表現。

 

M-2 「frozen tears」コンセプトは「雪」

M-1「wintry clearly」と対比させ、常に鳴り続けている細かいパッセージで雪を表現。

チャランゴという民族楽器の音色(これもLABS)も入っています。

 

M-3 「whiteout」コンセプトはそのまま「ホワイトアウト

楽曲の前半と後半で音使いを変え、それを経過とともに変化させることでホワイトアウトを表現。 

ルート音をB♭に固定することで、変化しない白い視界を表しています。

 

曲について文字や言葉で語るのはナンセンスではありますが、これの有無によってまた違った聴き方もできると思います。

まあ一体誰が見て誰が聴いているかという話ですが、基本作品作りなんか自己満足なので。

 

ちなみにCadenzaの「刻傷ノ迷宮」と同時進行で作っていました。

この差。

こんな作品眠くなるわ、という人は、こちらのyuraki君の魂の叫びを聴いてください。

 

今後も定期的に作品は出し続けたいと思っています。

それでは。

2018winterについてと、シリーズ総括

いよいよ作品を出した時にしか書かないブログと化しました。

Twitterは以前より頻繁に書いているので、近況はそちらの方で。

 

「2018winter」について

f:id:ryo0825:20180313234232j:plain
配信ページはこちら : https://ryo825.wixsite.com/ryo-official/2018winter

 

Twitterまとめ

 

ということで、2月末に「季節シリーズ」最終作となる「2018winter」 を無料配信リリースしました!

冬を題材にした曲「Snownight, Starlight」、昨年末に参加した「#作業してくる」企画への提供曲「crepuscolo campanella」、

「2017spring」に収録されている、冬から春への移ろいを題材とした「彩の兆し-reprise-」の3曲入りです。

 

今回のゲストボーカルは自分もイチオシのボーカリスト、Ryo-w-hei君です!

これまで観てきた中でもトップクラスの歌唱力と格好良さを兼ね備えているボーカリストです。

一度何かの機会で一緒にやれたらと思っていたので、今回実現できて嬉しいです!

 

「2017autumn」を制作している頃には既に参加が決まっていて、Ryo-w-hei君を想定して作曲できたので、

「Snownight, Starlight」はやりたい放題やらせていただきました。

この曲は一曲通して同一のメロディがほぼなく、転調を繰り返したり、使う声域が軽く2オクターブを超えたりと

普通なら突き返されてもおかしくない曲ですが、想像以上の素晴らしい歌が返ってきてさすが…って感じです!

 

これがボーカリストだよ!tBRにボーカルで入りたいって軽々しく送ってくるやつはこれを聴いてからにしろ! 

とか思ったり思わなかったりしています。

 

 

〜総括〜

思いつきで始めたこの企画もなんとか完走することができました。

大学を出て以来、定期的に作曲をする・DTMをいじる機会を作った方がいいかな、

どうせ暇だし(2017年3月当時)と思って始めたものの、

題材や時期など相当な縛りプレイのせいで年間通して苦労する羽目となりました。

 

まず参加してくれた4人のボーカリストと、

ミックス・マスタリングなどで協力してくれたYuta Saito君には感謝です!

f:id:ryo0825:20180314002615j:plain

だがしかし人を巻き込むということは、その作品に対する責任もより重くなるということで、

今回、正直なところ曲はいいものを作れたし、自分の仕事の範疇としてはおおかた今のベストを尽くせたかなと思うものの

その他の面、例えばミックス・マスタリングに関してや、サウンドの質を高めるといった点では課題や反省点が多く見えています。

 

一連の録音の編集やミックスまではほぼセルフでやったものの、

その辺りはまだ納得いかない部分も多く、参加してくれた方には力不足を申し訳なく思っています。

 

そして出た結論が

ミックス・マスタリングは金をかけても外注

ということです。いい曲は才能ですがいい音は結局金です。

 

とはいえ極力自分でできることは自分でしたいので、今後も勉強あるのみです。

そしてまずいい音源を買い揃えていきたいと思います_:(´ཀ`」 ∠):ここも金

そしてまずはこれまでの4曲をそう遠くないうちに、クオリティアップを図れたらと思っています。

 

今後はこのシリーズのように定期的な作品発表は考えていないですが、

似たようなことは続けていこうかなとは考えています!

 

作品を出さなくなったら一体いつブログを書くのか未知ですが

ではまた

2017autumnについて など

書こう書こうと思ってたら12月になってしまいました。

 

最近作品を出した時しか書かなくなってきてますが、summerからの間もV系セッションをはじめ

色々とライブの機会をいただいて演らせていただいてました。

 

「2017autumn」について

f:id:ryo0825:20171201234516j:plain

配信ページはこちら : https://ryo825.wixsite.com/ryo-official/2017autumn

 

Twitterまとめ

 

ということで11月の上旬に個人作品「2017autumm」を無料配信リリースしました!

春、夏ときて今回は秋を題材にした曲とリアレンジ曲を作りました。

今回のゲストボーカルはユニット「Chien-Chien」のボーカリストを始め

様々な活動をされているあやとさんに協力していただきました。

 

毎回、前回の反省は改善しつつも新たな問題やトラブルが起こり

マスタリングYuta Saito君には毎度お世話になってます…

 

リードトラック「愁、緋く」は、前作「La Primavera」「華灯-hanabi-」の流れを汲みつつ

少し違った雰囲気やサウンドのものを作れたかと思われます。

引き続き無料配信を続けているので、未チェックの方や最近知ってくださった方はぜひ聴いてもらえたらと思います!

 

そしてもうすっかり冬になってきたので冬盤の準備をそろそろ…

通称「2017シリーズ」としているけどタイトルは多分「2018winter」になるという

 

それともう一つ

 

A・MA・O・TOさんの2nd EP「ChapterⅡ 未來と過去と今へ…」のCD版ボーナストラック

「絆の欠片(Acoustic ver.)」のアレンジを担当しました!

CD版はライブ会場での販売になるので、次のライブが決まったらこちらもぜひ。

2017summerについて

また久しぶりの更新です。

 

前回更新してからの間には

tTCでのライブ数回、風来をはじめとしたライブサポート数回、V系セッションに参加させていただいてのライブ数回、

そして「2017summer」の制作をしてました。

というか前回更新した時が前作「2017spring」出した時か・・・

相変わらずブログなんか書ける程面白い人生を送れていません。 

 

本題「2017summer」について

f:id:ryo0825:20170820232925j:plain

配信ページ : https://ryo825.wixsite.com/ryo-official/music

 

Twitter投稿まとめ

 

 

「2017spring」に続いて、今回は夏をテーマにした曲を作ったり、過去作をリアレンジして入れました。

今回ゲストボーカルは大学の同期の真歩さん、ミックス・マスタリングには引き続きYuta Saito君に協力していただきました。

2人と聴いてくれた方、RTやいいねをして下さった方に感謝です!

 

思いつきで初めた前作に比べて、今回は早い時期から曲作りはできていたものの、

歌録り→ミックス→マスタリング→公開と段階を進めるにつれて、結局スケジュールがタイトに…。

この部分は他の人にも協力していただく部分だから、もっと余裕を持たせるべきだったし、

この辺の工程の方がそれまでの工程(作曲とか打ち込み)よりも最終的なクオリティを左右するから尚更。

前回の反省点は今回いくつか改善できたから、これらは次回の課題として。

 

最近何をしても色々な面でまだまだだってことを痛感する。

打ち込み制作とかエンジニアリングにも強くなりたい…けど餅は餅屋みたいな感じもある。

となると自分はやっぱりバンドかな、と思うんですが

 

やってないんですよねこれが

(毎回バンドオチ)

 

なんとかあと秋、冬と続けていく予定です。

遅れ気味のGW

4月はライブ観たり出たりっていうのが一切なかったので、今月ようやく生き返った感じがします。

 

1日は加藤率いる教育番組、13日はシノさんのけもの系アリス、15日はTatsuyaさんのM.O.Dを観に。

14日は優太との新ユニットthe Third side of the Coin、ブルースロックのカヴァーバンド風来のサポートでライブ!

GWはフルで仕事でしたが、1週間遅れのGW的な感じでした。

 

tTCはアコースティックユニットということで、バンドとは違う難しさと面白さがあり。

バンドができないからその暇潰し、という気持ちもありながら始めたものですが

その意識を改める必要がある程、彼の方は本気で取り組んでくれているし

ライブでもこれまでの優太像から大きく化けたと感じています。

当日の音響照明とかのライブマジックもあって、予想以上にいい感じでやれたかと!その分課題点も多々あり。

f:id:ryo0825:20170518003041j:plain

次のライブ予定は未定ですが、夏頃にはまた今回よりステップアップしたものをと。

風来の方は6月にまたあるみたいです。

 

とはいえ、結局はやっぱりバンド、tBRをやりたいところ。教育もアリスもM.O.Dもどれもカッコよくて。

今はとにかく機が熟すのを待つ感じ。それまではこういう他の活動で修行あるのみ…

 

他の活動といえば、いわゆるソロっぽいの出しました。

「2017spring」という題で、春っぽい曲です。自分のWebsiteで無料配信しています!

詳細についてはWebsiteやTwitterの方を…

https://ryo825.wixsite.com/ryo-official/music

 

f:id:ryo0825:20170518003852j:plain

 

ゲストボーカル・マスタリングのダブルゆうた氏には感謝しております…

ぜひ聴いて下さい!よければダウンロードもしてください!笑